マンション経営のリスクをきちんと認識して上手に資産運用

オペレーター

事業規模が大きくなったら

一軒家

収益をあげるためにはその収益を得るための努力が必要です。会計学では、その収益をあげるための努力を費用といいます。効率の良い不動産投資を行うためには、いかに効率よく収益をあげるかということを考えなければなりません。努力は極力少なく、その成果は最大限に獲得するということが事業を効果的に行う時にカギとなります。マンションやアパートの経営では、オーナーが家賃収入を得るために、家賃の回収や掃除や蛍光灯の交換などの施設管理、入居者からの問い合わせの対応などさまざまな努力を行います。こうした努力は、マンションやアパートの規模が大きくなるほど増えていくものと考えられます。ある程度の規模に達したときは、不動産会社が行う一括借り上げを活用するとより効率良く不動産経営をすることができます。

一括借り上げのメリットは、不動産会社に家賃の回収や施設管理、問い合わせなどのすべての業務を委託することができる点であると言えます。不動産の物件が増えてきたり、入居者の数が多くなったりすると、オーナーが負担する業務の数はどんどん増えていきます。そのうち、一人ではこなせないといった事態にもなるでしょう。不動産会社が行う一括借り上げは、マンションやアパートの施設管理などを数多く行ってきた専門家のサポートを受けながら経営することができるため、より効率的な不動産経営を実現することができます。一括借り上げを活用してオーナーが得られる家賃収入の相場は、満室賃料の80パーセントから90パーセントといわれています。一括借り上げは、空室リスクも改善することができるのです。