マンション経営のリスクをきちんと認識して上手に資産運用

メンズ

余っている土地を有効活用

住宅街

相続などで譲り受けた土地は、そのまま放っておくと税金などの支払いなどで損をしてしまいます。そのため、マンション経営などの不動産投資によって有効な土地活用を考えることが良いと言えるでしょう。

» 詳細へ

投資の油断は禁物

住まい

基本的に投資を行うには元本を割るリスクはつきものです。そのため、投資の判断は最終的に自身でしなければなりません。株式投資や外国為替の取引では、元本保証が法律で禁止されています。投資とは、このようなリスクがあることが前提として行われているのです。マンション経営などの不動産投資に関してもこのことは同じです。収益をあげることができる事業はどこにあるか誰にもわかりません。自分で考え、情報を集めて投資判断をして収益をあげる努力が必要なのです。

マンション経営に関するリスクはいくつかあります。マンション経営などの不動産投資は、株や為替に比べて比較的低リスクです。そのことが逆に投資に対する油断を生み出すことがあるため、注意が必要です。ペイオフ制度の解禁や、低金利政策によって、銀行の定期預金にお金を預けても効率的な資産運用の実現は難しくなっています。そのため、資金を預ける場所として不動産投資に目を向ける流れはある意味必然的であると言えるでしょう。不動産リスクに関する正しい知識を不動産投資セミナーなどで身につけることで、より効率的な資産運用を実現することができます。

マンション経営に関するリスクの一つは、購入した収益物件の価値の下落です。不動産投資は、経営に失敗しても、収益物件自体の現物が保証されているため、大きな損失を被るリスクが低いと考えられています。しかし、その収益物件自体の価値が大幅に下落してしまうと、投下した資金と比べて損失が大きくなってしまうという可能性はあるのです。リスクと直面することで、そのリスクに正しく対処することができるようになります。そうした準備を整えておくことは、上手なマンション経営に繋がると考えられます。

事業規模が大きくなったら

一軒家

不動産会社が行う一括借り上げのサービスは、マンションやアパートの経営規模が大きくなって、業務の負担が大きくなってしまったオーナーのサポートになります。空室リスクも改善できる良いサービスであると言えるでしょう。

» 詳細へ

確実に入居者を集める

女性

マンションやアパートの物件を探すとき、ほとんどの人が家賃をまず気にします。そのため、入居者を確実に集めるためには、その地域の家賃相場にあった家賃設定を行うことが大切です。

» 詳細へ